ライフ・イズ・ビューティフル

「ライフ・イズ・ビューティフル」を観た。

前に観たことあり。そのときは本当に素晴らしい作品だと思った。

今回観て、やはり本当に素晴らしい作品だと思った。だいたい2時間の作品中、前半はロベルト・ベニーニが奥さんに猛アタックし続けて家族を築くまで。後半では一転してナチス収容所。

とにかく全体的に温かいエピソードが続く。凄惨な場面が用意されているわけではない。しかしロベルト・ベニーニのやたら明るい様子からその裏の厳しい現実というものが伝わってくるようで不思議だ。

最後の場面までとにかく良い映画。
まだ観たことない人はいないだろうけど、お薦め。

1998年(第71回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
主演男優賞受賞(ロベルト・ベニーニ)
監督賞ノミネート(ロベルト・ベニーニ)
脚本賞ノミネート

あわせて読みたい