マスター・アンド・コマンダー

マスター・アンド・コマンダー

「マスター・アンド・コマンダー」を観た。

凡なタイトルだ。そしてコスチュームプレイ。
そのとっつきにくさとは裏腹に、そこそこ面白かったのです。

男!男!の物語。船の話で男しか出てこない。
ナポレオンの時代の設定で、延々と船の上。敵と戦闘があったり…

もうそれくらいしか説明しようがないけど、その戦闘シーンはかなり作りこみが良かった。
あと最後の終わり方も粋で良かった。

ラッセル・クロウは相変わらず達者だ。まじめにやっている。ポール・ベタニーは「ファイヤーウォール」の悪役かあ。この人も真摯な感じだった。

アカデミー賞を全部観るってことをやってなかったら絶対に観なかったであろう映画だ。
観て良かったと思った。

 

2003年(第76回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
監督賞ノミネート(ピーター・ウィアー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です