リベンジ・トラップ/美しすぎる罠

リベンジ・トラップ/美しすぎる罠

「リベンジ・トラップ/美しすぎる罠」を観た。

Return to Sender

ロザムンド・パイク主演。他にニック・ノルティと「マイ・デンジャラス・ビューティ」の実際の主役だった男Shiloh Fernandezとか。

なんと2015年の作品である。本当に?「ゴーン・ガール」により知名度があがったロザムンド・パイクの過去出演作を引っ張り出してきたんじゃないだろうか…と思ってしまうようなクオリティだった。

ロザムンド・パイクは看護師で、ブラインドデートの日にうきうきしてて、男が迎えに来たんだがそいつはデートの相手ではなかった。そして暴行される。しかし殺されることはなく、やがて事件は発覚し男は捕まる。
ところがロザムンド・パイクはその暴行男に面会すべく、刑務所に通いだすのであった…という話。

題名からして何となく想像はつきます。
というか、まあ何ていうか「またリベンジレイプかよ!」と思った。「ビッグ・ドライバー」から続けてこれですよ。どうなってんだアメリカは。

ロザムンド・パイクの意味不明な行動が、また今いち裏がありそうな顔をする演技とぴったりはまっていた。最後になっても、いったいどこまで本気なんだろうと思ったものだ。
それと相手の男も、普通おかしいと思わねーのかよというやつだった。なんか無理やりリベンジもので話をこしらえた感があります。しかしこれが2015年公開とは…

おそらく「ゴーン・ガール」の次の出演作ということで日本でも観る人けっこういるんじゃないだろうか。それがこんな内容だったらちょっと痛いな。しかしアメリカ人はわからねえ。