I’m sorry, mama

Imsorrymama

桐野夏生「I’m sorry, mama」を読んだ。

なかなか面白かった。
最後のほうめちゃくちゃだったけど。

置屋に生まれて、誰が親だかよくわからないで虐待されて戸籍もなく育ったアイ子。自分で交番に駆け込んで相談に行って、施設に預けられたけど人格はとうに歪んでしまい、気に入らない人には火をつけるという…

ぐいぐい読まされる。
粗っぽいところかなりあるけど、それでも面白い。薄い文庫本だったけど、ずいぶん濃密だった。

しかし最後はめちゃくちゃだった。逃げて川に飛び込んでおしまい。
もっともっと続きを読みたかった。