デッド・シティ2055

デッド・シティ2055

「デッド・シティ2055」を観た。

Vice

ジャンルはSFということになるだろう。「マイノリティ・リポート」を100倍薄めた感じの作品といったところ。

主演はアンビル・チルダーズという女性だろうか。共演にブルース・ウィリス。あと「ミスト」の トーマス・ジェーン。
ブルース・ウィリスは実業家で金持ちで、ある娯楽都市を実現させた。ここは治外法権で人間と生物学的にもほとんど変わらないレプリカントが生活している。リッチ層はこの都市にて、そのレプリカントを暴行したり殺害しても罪に問われない。レプリカントは再生される。
アンビル・チルダーズはレプリカントの一人。自分はバーに勤めてて友人の同僚と同居している。今日が勤務最終日…という設定で、レプリカント自身もそう思っている。しかしたいていは事件に巻き込まれたり、巻き込まれなくても毎日記憶はリセットされ、また同じ日を繰り返す。

レプリカントたちは、自分が人間であると思っているのです。
そいである日フラッシュバックが起きて、過去の恐ろしい記憶(だいたいは自分が殺されたりレイプされてる目の前に映る記憶だから残酷だ)が蘇り大混乱する。
それでラボに連れていかれるが脱出。いったいどうなってると思いながら徘徊する。
レプリカントの生みの親、それとこの娯楽都市を問題視している刑事、それとブルース・ウィリス。こいつらの色々で話は進む。

そうですね。正直プロットは悪くないと思うのです。こういうSF嫌いじゃないよと。
いいドラマが展開されて然るべきの凝った世界観ですよ。

惜しむらくは、ブルース・ウィリスの作り上げた楽園というやつがどうにも真実味ないってことです。もうちょいこの世界がどこにあってどういうメカニズムになっててスタッフがどうで、みたいなディティールが雑すぎ。
トゥルーマン・ショー」はそこらへん実に説明が良かった。

レプリカントたちのメイクに普通っぽさが欲しかった。アンビル・チルダーズの外見がヒロインっぽくないというか…後半でモデルになった女性に雰囲気近づくのでまあそれは良いのですが。

ところで主演のアンビル・チルダーズですが、これまで「セットアップ」「フリーランサー NY捜査線」といった微妙な作品に出演している。Wikipediaによれば映画プロデューサーRandall Emmettと結婚し2010年に女児をもうけている。映画出演はそれ以降増えているのだが、先述の「セットアップ」「フリーランサー」や本作がすべてその映画プロデューサーの設立している「Emmett/Furla/Oasis Films」製作なのである。

総じて微妙なのである。