クリスティ KRISTY

クリスティ KRISTY

「クリスティ KRISTY」を観た。

Kristy

主演はヘイリー・ベネット(「イコライザー」で無念の最後だった友人)である。大学の寮が舞台になっていて、感謝祭で人々は全員いなくなる。ヘイリー・ベネットと警備の人をのぞいて。ヘイリー・ベネットは旅費を節約したかったのもあって、寮に残った。一緒に残るはずだった友人が土壇場で帰省してしまい、ひとりぼっちに。

それで夜中にコンビニに行くヘイリー・ベネット。店で気味の悪い女性がいて、「あ、クリスティ見つけた」とかいう。ヘイリー・ベネットは「私はクリスティじゃなくてジャスティンなんだけど」と言っても聞かず。以降、この気味の悪い女性とその一団はヘイリー・ベネットを追い回して寮に突入し、警備員を殺してヘイリー・ベネットを殺そうと追ってくるのだ。かくして惨劇の夜…という話である。

まあ、ホラー映画といっていいと思います。設定は無理筋ではあるけれども、とにかくヘイリー・ベネットを追い回す映画なんだなというコンセプトだ。「イコライザー」のときは目立たない美女という感じだったが、本作ではがっつり主役であるし、何より実にホラー映画のヒロインっぽいのだ。とても良いと思いました。この作品以降も出演作が待機しているようで、ぜひ活躍してもらいたいものだ。

ホラーとしては詰めがかなり甘いところもあるが、ヘイリー・ベネットですからね。まあこれくらいでもいいでしょう。
何だかよくわかりませんが。

あわせて読みたい