放浪探偵と七つの殺人

放浪探偵と七つの殺人

歌野晶午「放浪探偵と七つの殺人」を読んだ。

これ読んだことなかったかも。歌野晶午作品にときどき出てくる、信濃譲二が活躍する短編集。
ほとんどの作品を読んだうえでの私見だけどあまり信濃譲二ってキャラクターたってないように思う。

この短編集を読むにあたり、「おお、信濃譲二ものかあ」とは、ワクワクしなかった。
読んでみても然り。

内容としては、以前の作風でありいわゆる本格ものだが、いまさら本格ものというのもある。不可能犯罪とかトリックとかアリバイとか。

 
リアルタイムで読んだら、それなりに面白かったに違いない。