ポリーmy love

ポリーmy love

「ポリーmy love」を観た。

Along Came Polly

ベン・スティラーが潔癖症で慎重派で、ひどい失恋をしたばっかりの男で、ジェニファー・アニストンがそんな男の前に現れた、自由奔放な女性。という設定。だから、不器用な男と大人な女性のラブコメである。もう全体的にはそんな感じ。

あとは、フィリップ・シーモア・ホフマンが売れない役者で「ジーザス・クライスト・スーパースター」をやってたり(そこで揉めてるキャストにマシ・オカがいてびっくり)、アレック・ボールドウィンやブライアン・ブラウンが出てきてびっくりとか。

それにしても、Hank Azariaですよ。つくづく。この人は凄いね。
「バードケージ」のあの強烈な男で、「ニュースの天才」でスマートな編集長で、そのほか色々。何でもやるタイプだな。今回は下半身の情熱で生きる男みたいなので出てくるが、もう、いかにも頭の中が空っぽって顔をするんだ。なんすかこの凄い人は。

映画のほうは全体的に楽しめた。ただ、ジェニファー・アニストンにそう魅力を感じない派なので、違う人だともっと良かった。