The Fireman 「Electric Arguments」 を買った

Electronic Arguments

The Fireman のニューアルバム(なんと10年ぶり)、「Electric Arguments」を買った。
前2作は1995年と1998年。そもそも2作目が出たときに「あー続くんだ」と驚いたものです。これはポール・マッカートニーの変名プロジェクトであることは、そのへんを検索すればわかることなので、はしょる。

The Fireman music

前2作は、いわゆるアンビエントだが、これが実によかった。
たぶん時々聴いて、それで一生聴くんだろうなというアルバム。

10年ぶりの3作目ということで、まあそのニュースはamazonからのメールで知ることなのだが、思わず興奮して予約した次第である。

聴いてみたが、かなり違和感。ボーカルがあるぞ?メロディ?これは…なんだ?という感じの。
同じことやってもしょうがないから、ということなんでしょう。残念な気もする。

だけど聴き倒したら、結局は「これは最高だ」となるんだろうなあ、これまでの例からいくと。

 

エレクトリック・アーギュメンツ エレクトリック・アーギュメンツ
ザ・ファイアーマン

オール・トゥゲザー・ナウ [DVD] クラシック・アルバムズ:メイキング・オブ・『ジョンの魂』 [DVD] 想い出のリヴァプール ロンドン・アンダーサウンド THE WHITE ALBUM−ホワイト・アルバム徹底解析 THE BEATLES (ノーウェア/ザ・ビートルズ決定版シリーズ)
by G-Tools