ジュリー&ジュリア

ジュリー&ジュリア

「ジュリー&ジュリア」を観た。

Julie & Julia

一度観たことある。料理の出てくる映画はどれも面白いと思う。全体的にそれなりでも、ストーリー運びがとても滑らかになる。

本作は時代の異なる二人が主人公で、メリル・ストリープが先進的な料理研究家ジュリア・チャイルド。エイミー・アダムスがジュリア・チャイルドが出版したレシピ本を一年間ですべて制覇しようと挑むブロガー。

エイミー・アダムスが書くブログは次第に評判を呼び、注目される。料理や批評家や雑誌編集者にオファーが相次ぐようになり成功する。
ただ、ジュリア・チャイルドは存命で、ブログを不快に思ってるというエピソードが挟まる。

実際に二つのストーリーを組み合わせてひとつの映画にしている。
メリル・ストリープとエイミー・アダムスが絡むことはない。

あらためて観て、エイミー・アダムスのパートが面白いよなあと思った。それは普通の人が、継続は力なりでチャンスを掴むプロセスが観てて心地よいから。でもジュリア・チャイルドがブログを不快だとコメントしたのは作品全体で引っ掛かるところだ。エイミー・アダムスは人のレシピをそのままやってブログに日常を綴ってアクセスを稼いでいるので、それを忌避しているようにとれる。
今の感覚だとエイミー・アダムスの行為には何が悪いのかさっぱりだと思うかもだが、ジュリア・チャイルドには許せない不可侵な領域なのだろう。

あわせて読みたい