ダラス・バイヤーズクラブ

ダラス・バイヤーズクラブ

「ダラス・バイヤーズクラブ」を観た。

Dallas Buyers Club

マシュー・マコノヒーとジャレッド・レトが決死の役作りで激ヤセし、アカデミー賞を獲得した力作。共演にジェニファー・ガーナー。
凄まじい激ヤセ。それに尽きる。

話の最初っからマシュー・マコノヒーは激ヤセしてまして、しかしタバコと酒と女で乱れた生活してて、咳き込んで、もう不摂生このうえない感じなのですが、事故があって運ばれたらエイズだった、という。時代は1980年代でまだまだエイズへの偏見がありまくるアメリカ。マシュー・マコノヒーはゲイではないのだがゲイとみなされ、本人もなぜエイズになったのか理解できない。調べていくうちに、無軌道なセックスが原因だということも知り、愕然となる。

わりと序盤から退廃ムード漂い、特に最初の事故があって運ばれるあたりのマシュー・マコノヒーの激ヤセが半端ないのだ。まるっきり別人じゃないかとかCGじゃないのかってくらい、薄い体格になっている。あそこまで痩せるのは可能なのか。

それで前半の内容からして自暴自棄に荒れまくる展開を予想させるが、そこでマシュー・マコノヒーが取った行動が実に前向きで、薬を仕入れに東奔西走して会員制クラブつくって。
後半はマシュー・マコノヒー奮闘記なのです。変わった作品だなあ。

ジャレッド・レトの痩せっぷりも凄かったけど、マシュー・マコノヒーでしょう。本当に凄かった。あんなに痩せてたら周りが引くと思う。「ウルフ・オブ・ウォールストリート」にも痩せて出てきてたけど、やっぱりびっくりした。

体格変更で賞をもぎとることの賛否はあると思う。そういうことしないと獲れないものなのかと。

 
2013年(第86回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
主演男優賞受賞(マシュー・マコノヒー)
助演男優賞受賞(ジャレッド・レト)
脚本賞ノミネート

 
ダラス・バイヤーズクラブ [DVD]

ダラス・バイヤーズクラブ [DVD]
それでも夜は明ける コレクターズ・エディション(初回限定生産)アウターケース付き [DVD] ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 [DVD] プリズナーズ [DVD] あなたを抱きしめる日まで [DVD] ブルージャスミン [DVD]
by G-Tools