ナチュラル・ボーン・キラーズ

ナチュラル・ボーン・キラーズ

「ナチュラル・ボーン・キラーズ」を観た。

まあ有名な映画ですよね。ボニー&クライド型のひとつで久しぶりに観た。
ジュリエット・ルイスが若い…いったいいつの映画だったのか。そうかこれ1994年なんだ。
もう15年くらい前にもなろうかという映画。

キャストが豪華だという印象があるが、当時はそうでなかったのかもしれない。
曲者ばかりのキャストだ。

 
以前までの印象としては、映画史にそれなりに残る面白い映画のひとつだよなあと思ってたが、今回観てみて、そんなに面白いわけでもないなあと感じた。なぜだろう。

なんか演出が痛いというか。
正直なところ「ナチュラル・ボーン・キラーズ」がそういう、古い映画のひとつに入るというのは、ちょっとショックというか、どんだけ歳をとったんだよと思わずにはいられなかったのである。