17歳のカルテ

17歳のカルテ

「17歳のカルテ」を観た。

実ははじめて。ウィノナ・ライダーが映画化権を買い取ったとか。
そうか…その手の映画か。

境界性人格障害…なんだろうそれは。
精神病のことらしい。そんで精神病院の話。

なんか淡々と進む話で、ちょっと退屈だった。アンジェリーナ・ジョリーが出てくると目が覚めるという感じ。
ああそうですか、アンジェリーナ・ジョリーはこれで助演女優賞を獲ってしまうのですか。ははあ。
まあさすがにそこまでではないとは思うけれども、それでもウィノナ・ライダーが霞んでたのは確かだ。

退屈で、そんなに面白い映画でもなかった。
なんで17歳なんだろうなあ。何も関係ないよな。

「クワイエットルームにようこそ」のほうが、まだ面白い。という気がする。