クレイジー・イン・アラバマ

クレイジー・イン・アラバマ

「クレイジー・イン・アラバマ」を観た。

アントニオ・バンデラス監督。ああ、それでメラニー・グリフィスなんですか。最初、なんでメラニー・グリフィスが出てきたのか不思議でしょうがなかった。
これは有名な映画なのか?

DV旦那から逃れるために殺して首を切断して、その首を持ってハリウッドに向かうメラニー・グリフィス。
それとアラバマでの黒人差別。この二つのエピソードが絡みながら話は進む。

 
途中まで、これはどういう風に終わらせるんだろうなあと不思議だった。
なかなか面白いなあと思いながら観てて、それでそのまま面白く終わった。

いや、これなかなかいい映画じゃないですか。
よくできてると思った。

演者は地味だけど、テンポがよく飽きさせない感じ。
最後の裁判のシーンは…ありゃいいんですかね。こんな大団円ありなの?とも思ったけど、それまでの奇想天外なメラニー・グリフィスの前には納得せざるを得ないのだろう。

アントニオ・バンデラス恐るべしだなあ。

 

クレイジー・イン・アラバマ コレクターズ・エディション クレイジー・イン・アラバマ コレクターズ・エディション
メラニー・グリフィス, ルーカス・ブラック, ミートローフ・アディ, ロッド・スタイガー, アントニオ・バンデラス


by G-Tools