そして二人だけになった

そして二人だけになった

森博嗣「そして二人だけになった」を読んだ。

実は森博嗣ってはじめて。よく本屋で平積みになってるが、読んだことはなかった。
何事も勉強である。

「そして二人だけになった」が代表作なのかわからないんだけど、とりあえず読んでみた。
題名からして、アガサ・クリスティのあれに重ねられるんだろう。果たしてその通りで、いわゆる不可能犯罪・犯人探し。

読んで思ったけど、極めて現実性は低いですよ。リアリティはない。
トリック遊びというか、下手をすれば暇つぶし本になってしまうかも。

大仕掛けあり。
あーそういうことか、とはなった。けどスッキリはしなかった。

読んでる途中は、どうなるんだろうと気になって読み続けた。しかし…
どうなんでしょう。わりと楽しめたけど、もう一作くらい読まないと評価できない気がする。