夜想

夜想

貫井徳郎「夜想」を読んだ。

ある宗教団体の成り立ちの過程。(主人公は宗教じゃないと決めているが)
ぐいぐい読ませる。力作だ。力作というよりか、作者の筆力だろうか?

教祖的な存在が、受難にあい、そこから崩壊しそうになっても活動を続けるあたり、なんかキリスト教に投影されているような気がした。
終盤に向けての没入感はかなりのものだった。
しかし話に救いがないというか、せめて主人公たちは幸せになってほしいものだった。

 
不思議な作品。
なかなかのものだった。