模倣犯

mo_miyabemiyuki.jpg

読んだよ、宮部みゆき「模倣犯」。

長かった。とにかく長かった。それしかない。
ひどいくらいに長かったなあ。

なんか水増しの印象が強く、中盤で犯人とおぼしき人が事故死して、そこから視点が一転して犯人が事故死するまでを延々とやりはじめるんだが、そこでかなりクラッときた。

おいおいまじかよ、と。

会話のかけあいとかは、まさに宮部みゆき節がぶんぶん来ていて心地よいくらいだが、心理描写っていうんですかねト書きっていうんですかね、とにかくそのへんが長い長い。

まさに水増しだなこれは・・・とあきれながら読んだ。
クライマックスは、まさに映像化されることを狙ってるとしか思えないような展開だった。
(映画は観てません。いつか原作を読むだろうと思っていたので、あえて映像は観ないようにした)

それなりに楽しんで読んだのだが、読み終わってみると何も残らず、「おーし読んだ!」という読後感もなし。
変わった作品だ。作家が売れてるとこういう作品で大作扱いになるのだな、振り回される人々はかわいそうだ。

宮部みゆきだから、まあ残念というか激励の意味もあってこんな書き方になっておる。
もしそのへんの作者の著であったなら、こんな何行も書かないであろう。

うーんどうだろう、おすすめはできない。
文庫になってもおすすめできない。「火車」を読むべき。「理由」は他に読むものがないなら読んでみていいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です