コンテイジョン

コンテイジョン

「コンテイジョン」を観た。

Contagion

前にも観てる
スティーブン・ソダーバーグによる2011年の作品で、豪華キャストによる重厚ドラマといった作品だ。あまりソダーバーグが好きではない俺だが、本作は評価高め。

出演はマリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ、ケイト・ウィンスレット。
豪華だ。どの人も一本の作品で主演を張るクラスである。

謎の病気の感染が爆発的に広がっていく様子と、その病気を治療すべく奮闘する様子が描かれる。
あまり詳細に描写されないシーンもあったりするが、音楽とか映像とか実に雰囲気たっぷりでソダーバーグらしいところと映画の良さがかっちりはまった例であろう。

以前に観たことあったものの緊張が途切れることなかった。面白かった。最後の最後に「DAY 1」が来るのは実に粋だった。つうかアイツ手を洗えよ。

マリオン・コティヤールの旬、ケイト・ウィンスレットの執念の演技、グウィネス・パルトロウの根性をどうぞ。

あわせて読みたい