The Witness をクリア

the-witness_cap1

「The Witness」をクリア。

The Witnessは、あの「Braid」を創り出したJonathan Blowが今年2016年にリリースしたゲームだ。最初のアナウンスが2009年である。とにかく長い年月をかけて作られた作品。
「Braid」はこれまでプレイした中でも本当に素晴らしいゲームの一つだと思っている。独特の世界観と美しいサウンド(クリエイティブ・コモンズを利用しているのが斬新だった)、そしてゲーム内のルールがどんどん変化していきプレイヤーが学習していくという面白いパズルアクション。

The Witnessにも、その「プレイヤーが学習していく」要素が受け継がれている。
本作は、とある島(それなりにデカい)でのパズルゲームだ。とにかくひたすらパズル。好きな順に解いていく。パズルのルールについてヒントとか一切ない。自分で「こういうルールなのか?」と類推していく。もちろん、チュートリアル的にルールを体感させる順序は整えられているので、いきなり意味もわからず解けないといったことはない。

クリアした段階では385のパズルをクリア。時間は30時間であった。このゲームには600を超えるパズルが存在するのだという…うーん残りはどこにあるんだろうか…

the-witness_cap2

肝心のパズルだが、相当に歯ごたえがある。ヒントを見たら全く意味のないゲームなので、海外サイトも含めてスポイラーは一切頼らず頑張った。序盤中盤でも本当に難しいパズルは登場する。終盤になると難しいだけじゃなく疲れるパズルも出てくる。
もう「これバグじゃないのか? 絶対に解けないと思うんだが」としか考えられないパズルでも、少し時間をあけて再トライするとクリアできたりする。

長い年月をかけてチューニングされまくったのだと思う。とにかくパズルの質というんですかね、「ヒントがない世界でプレイヤーが成長してパズルのルールを体得していく」という特異なジャンルでの圧倒的なパズルの質と量です。あと200問以上残ってるのかよ…

クリアすると新規ゲームが始まって困惑している。
もしかして強くてニューゲームみたいなもので、ここから新しいパズルが登場するのか? マリオギャラクシー2のグリーンスターみたいに。もしそうなのだったら、これまで一度解いたやつもまたやらないと駄目なのか?

うーん、クリア直前のデータを使って世界を探索しようと思ってたんだが…一度解いたパズルは正直なところ「二度とやりたくない」
すごく疲れたので。

面白かったです。でもBraidのほうがお薦めかなあ。音楽が良かったし。

あわせて読みたい