スパイ・レジェンド

スパイ・レジェンド

「スパイ・レジェンド」を観た。

The November Man

前に観たことある。わりと面白かった。
今回は子供と観た。CIAの裏切りだか陰謀といった機微はわからないかもだが、スパイアクション映画としては良い出来だと思ったので。

ピアース・ブロスナン主演。あとルーク・ブレイシー、オルガ・キュリレンコ、ウィル・パットンなど。

ピアース・ブロスナンはもう引退したCIAスパイ。かつて親しい仲だった女性エージェントを救うために再び現場に戻ってきたが、彼女は殺されてしまう。その殺しを実行したのはかつての相棒、ルーク・ブレイシーだった…という話。

とにかく導入といいますか序盤のピアース・ブロスナンがかつての相棒と「なにーっ」という感じで向き合うまでのスピード感が凄く良いです。ピアース・ブロスナンはあたかもジェームズ・ボンドといった風のスタイリッシュだが、加えてピアース・ブロスナンのジェームズ・ボンドのように追跡能力の勢いが良い。

ルーク・ブレイシーは「かけがえのない人」「X-ミッション」といった作品で目立ってきている存在だ。本作でもピアース・ブロスナンを相手に好演。後半で重要人物になるオルガ・キュリレンコが霞んでいた。
アクションも迫力ありだし、題名で損をしている作品の一つだと思う。まだ観てない人はぜひ。