ムービーまでカラー化

Colorization Using Optimization

いやすごいわこれ。
モノクロをカラー化する技術だが、ムービーまでカラー化してしまうと・・・

 

Colorization is a computer-assisted process of adding color to a monochrome image or movie. The process typically involves segmenting images into regions and tracking these regions across image sequences. Neither of these tasks can be performed reliably in practice; consequently, colorization requires considerable user intervention and remains a tedious, time-consuming, and expensive task.

In this paper we present a simple colorization method that requires neither precise image segmentation, nor accurate region tracking. Our method is based on a simple premise: neighboring pixels in space-time that have similar intensities should have similar colors. We formalize this premise using a quadratic cost function and obtain an optimization problem that can be solved efficiently using standard techniques. In our approach an artist only needs to annotate the image with a few color scribbles, and the indicated colors are automatically propagated in both space and time to produce a fully colorized image or sequence. We demonstrate that high quality colorizations of stills and movie clips may be obtained from a relatively modest amount of user input.

 

(エキサイト翻訳)
カラー化は色を白黒のイメージか映画に追加するコンピュータ利用過程です。 過程は、イメージを領域に区分して、イメージ系列の向こう側にこれらの領域を追跡するのを通常伴います。 実際にはこれらのタスクのどちらも確かに実行することができません; その結果、カラー化は、かなりのユーザ介入を必要として、退屈で、手間がかかって、高価なタスクのままで残っています。

この論文では、私たちは正確なイメージ分割も正確な領域追跡も必要としない簡単なカラー化方法を提示します。 私たちの方法は簡単な前提に基づいています: 時空の同様の強度を持っている隣接している画素は同系色を持つべきです。 私たちは、二次費用関数を使用することでこの前提を正式にして、標準のテクニックを使用することにおける効率的に解決することができる最適化問題を得ます。 私たちのアプローチでは、芸術家は、いくつかの色の走り書きでイメージを注釈する必要があるだけです、そして、示された色はスペースと完全にカラー化されたイメージか系列を作り出す時間の両方で自動的に伝播されます。 私たちは、スチール写真と映画のクリップの高品質のカラー化が比較的穏やかな量のユーザ入力から得られるかもしれないのを示します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です