つぐない

つぐない

「つぐない」を観た。

眠いときに観たので「そんなに面白くないなあ」と思ってしまって1分に数秒寝てしまうような状態で、話がなんだかさっぱりわからず。
しかし嫁が「わりと面白かったわ」と言うので、そうなのかよと。それで翌日にもう一度観直した。

そうっすねえ…そんな面白いわけでもなかったかな。
キーラ・ナイトレイの妹役が主人公なのな。なんかそれがなあ。微妙なんだよなあ。

 
なんで「つぐない」なんだか。
ゴッドファーザーでアル・パチーノがずーっとフレドのことで悩んでるほうが良い感じではなかったか?

ジェームズ・マカヴォイって良く見るなあ。

 
それにしてもこの映画の見どころは、キーラ・ナイトレイのしゃくれ具合であろう。
しゃくれてるねえ実に。これは嫁と意見が一致してるところだが、「なぜにこんなしゃくれてるのだろう」と不思議になる。美女役でしゃくれ。

 
ああ「プライドと偏見」のコンビなのですか。そうなんだ。
もうそれってことは、監督がしゃくれ映画が好きってことにしかならないよなあ。

 
2007年(第80回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
助演女優賞ノミネート(シアーシャ・ローナン)
脚色賞ノミネート