シューテム・アップ

シューテム・アップ

「シューテム・アップ」を観た。

通りすがりのタフガイが赤ちゃん抱えて銃弾のなか逃避行とか。
書いててなんのこっちゃだが、ストーリーなんてあってないようなものだ。

そうだなあ。とにかく中身が無い映画だったなあ。軽い映画。
バンバン撃ちまくってカーアクションとか。もうポップコーン・ムービーとはまさにこれのことだろうな。

というか、これはコメディ映画だよな。
ばかばかしくて笑えるところがあったり。主人公って、本当に弾が当たらないんだねえ。

冒頭のへその緒のところ、あれはいいんですか?

 
赤ちゃんの首すわってないから。あんな縦にして運べないから。
トイレの床に置いちゃいかんだろう。

 
ポール・ジアマッティは最高級の変態演技を見せてくれたのだった。

 
これはコメディだよな?