15ミニッツ

15ミニッツ

「15ミニッツ」を観た。

以前一度観たな。ロバート・デ・ニーロが途中で死ぬやつだ。
その衝撃映像がテレビ放送されたりする話だな。

 
エドワード・バーンズはかっこいい。と嫁。確かにかっこいい。
ロバート・デ・ニーロがこういう役をやると他の映画と見分けがつきにくいんだが…「ショウタイム」とかなあ。

むしろロバート・デ・ニーロが死んでからが本編という感じだが、火事の罠のシーン、なかなか素晴らしいじゃありませんか。
これまで15ミニッツという題名の意味、衝撃映像が15分あるのかと思い込んでた。違ったのですか。

今回一番驚いたのが、途中でシャーリーズ・セロンがちょい役で出てきたのを知ったこと。
こんなところで…これ友情出演なのか?

 
犯人役の二人、とくに痩せてるほうは怪演だった。だんだん狂気になっていく様がなんというかこの映画の身の丈にあってない気がして…それはつまり役不足ってことだが、もっと良い映画だったらもっと良い評価になるだろうになあと。