光と影の誘惑

光と影の誘惑

貫井徳郎「光と影の誘惑」を読んだ。

中篇4つ。あんまり重くない文体でさらっと読める。
俗っぽい内容で、火サスみたいなクオリティという気がしないでもない。

銀行強盗のやつが凝ってたかなあ。でも序盤で大仕掛けには気づいてしまったけれども。
ほかの中篇もそうだけど、「ここ伏線ですからね」というのが親切すぎると思った。

また長編を読んでみたくなった。