オール・イズ・ロスト 最後の手紙

オール・イズ・ロスト 最後の手紙

「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」を観た。

All Is Lost

ロバート・レッドフォードの一人芝居ともいうべき映画。海難事故にあって漂流する男の話。海老蔵が吹き替えしているという情報を観る直前に幸いにも知った。よかった。英語音声で鑑賞しました。

予備知識でも、ロバート・レッドフォードしか出てこなくて、台詞もほとんどないということは知っていた。実際に、意味もなく呟くということもなく、ただ黙々と生きるために行動していくロバート・レッドフォード。
どちらかというとサバイバルが運に左右されているところは控えめで、あくまで船や海、海難事故の場合にどう対処するかをかなりの水準で体得している男の物語だ。だからオロオロうろたえることもなく、船に穴が開いたらこうする、水が入ったらこうする、嵐になりそうだからこうする、と着々と行動をする。それでもやがて船が耐えられなくなっていく。
無言のドキュメンタリーを観ている気分になる。演技が素晴らしいということを感じる箇所は少なかった。演出の勝利なのだと思う。

ただとにかく静かな映画ですからね。体調よくないときに観てはいけません。ほかにあまり無いタイプの映画です。結構力作だと思うのでぜひ。

 
オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~ [DVD]

オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~ [DVD]
それでも夜は明ける コレクターズ・エディション(初回限定生産)アウターケース付き [DVD] ローン・サバイバー [DVD] ダラス・バイヤーズクラブ [DVD] プリズナーズ [DVD] 大統領の執事の涙 [DVD]
by G-Tools