レインメーカー

レインメーカー

「レインメーカー」を観た。

The Rainmaker

フランシス・コッポラ監督作。1997年の作品である。たぶん初めて観たのだと思う。もちろん存在は知ってたけど、なぜか観る機会がないままだった。たぶんコッポラ監督だからだろう。法廷ものをどんどん観ようと思い本作も鑑賞。

出演者は非常に多彩。主演はマット・デイモン。ほかクレア・デーンズ、ジョン・ヴォイト、ダニー・グローバー、ダニー・デヴィート、ミッキー・ローク、ロイ・シャイダー、ヴァージニア・マドセンなど。
司法試験に挑戦中のマット・デイモンがとりあえず就職して、やがて新米弁護士になっての悪戦苦闘という感じの作品。タイトルの「レインメーカー」は、雨を降らすようにジャカジャカお金を稼ぐ弁護士の意味らしい。ジョン・グリシャム原作。

ジョン・グリシャム原作のパフォーマンスが高いのだと感じた。出演者もよいが演出は凡庸で、脚本がちゃんとしてるから物語がちゃんとしてるという感じ。マット・デイモンの奮闘劇で、居候の家の話とクレア・デーンズの話と、医療保険の話とを交互に描いていく。誰も切り込んだことのない医療保険のタブーにメスを入れる内容になっている。ヴァージニア・マドセンやロイ・シャイダーとのやり取りはなかなかのもの。法廷ものはいい。

とにかく1997年作品のわりに非常に古臭い印象を与える作品であります。先にも書いたが映像の品質や音楽のせいだろう。脚本や出演者は達者なのだが…いちいち挿入される音楽が80年代なんですよね。
古臭さを感じないうちに観ておいたほうがいいかも。

 
レインメーカー [DVD]
ジョン・グリシャム

レインメーカー [DVD]
依頼人~ザ・クライアント~ [DVD] 真実の行方 [DVD] ニューオーリンズ・トライアル/陪審評決 プレミアム・エディション [DVD] ザ・ファーム 法律事務所 [DVD] ペリカン文書 [DVD]
by G-Tools