クローン

クローン

「クローン」を観た。

Impostor

フィリップ・K・ディック原作。2001年の映画。
こんなのあったのか知らなかった。ゲイリー・シニーズとマデリーン・ストウ。

クローンの容疑がかかって逃亡する主人公。というわけで、他のフィリップ・K・ディックの作品にも見られるようなエッセンスもあり。
どれくらいの規模で公開されたんでしょうかね。全体的に、絵はビデオっぽい、眠いボテッとした感じではあるんだが、舞台とかそれなりに金をかけた感じもあるんだよな…でも、この翌年に「マイノリティ・リポート」が公開。両者には圧倒的な差が存在してた。

最後はどんでん返しもあり。
切ないラスト。

若かりしERのプラットが重要な役で出演。ちょっと痩せてる。
というかね、この映画の最初の場面でポンポンと派手な場面が流れるんだが、あれって「アルマゲドン」の絵をそのまま持ってきてないか?