スリー・リバーズ

スリー・リバーズ

「スリー・リバーズ」を観た。

随分久しぶりに観た気がする。

ブルース・ウィリスの水上版ダイ・ハードみたいな感じ。
ちょっとずぶずぶの恋愛をまぶして。

ブルース・ウィリスは何故か不死身。
銃の腕がいい。

でもボートのチェイスって緊迫感ないなあ。
水という特性がさっぱり無いのも残念だ。なんていうか、こう、すごく息継ぎが大変そうなシーンとかな…そういうのが必要じゃないか?

 
犯人は意外なところで、はからずもまた猟奇殺人ものだったわけだが、10年以上前から作劇って変わらないんだなあと認識した。
むしろ「スリー・リバーズ」はそんなに悪くないんじゃないかとさえ思えた。

 
トム・サイズモアはミスリードだったのかあ。
しっかり騙されたな。怪しいシーン満載だったものなあ。