キル・ビル Vol.1

キル・ビル Vol.1

「キル・ビル Vol.1」を観た。

Kill Bill: Vol. 1

タランティーノ作品として有名でしょう。もう2003年の作品なので13年前か。
もちろん観たことあるが、一度くらいかなあ。えらく話題になった作品なんだが、そこまで面白くなかった感想がある。

出演はユマ・サーマン、ダリル・ハンナ、マイケル・マドセン、ルーシー・リュー、千葉真一、栗山千明など。他にも無名時代の日本人俳優が出ている。
遠慮のないゴア表現のオンパレードである。2003年当時のクエンティン・タランティーノって、もう終わった人みたいな印象があった。「レザボア・ドッグス」「パルプ・フィクション」で強烈に時代の寵児となったものの「フォー・ルームス」や「フロム・ダスク・ティル・ドーン」でグズグズした感じがあり、なんで新作を発表しないのだろうとか、一発屋だったんじゃねえのか、みたいな印象があった。そこに来て「ジャッキー・ブラウン」という駄作を完成させて、いよいよこいつは終わったという感じが強くなった。その後数年間の沈黙があって、本作である。

kill-bill-vol-1a
日本映画のオマージュが強い本作はいわゆるマニアから絶賛されたように思う。当時、この作品を褒めておかないとヤバいという風潮が確かにあった。これでクエンティン・タランティーノは完全復活したみたいな感じになったのだ。
(まあ終わってた奴という認識は世界共通だったわけだ)

しかし俺はこの「キル・ビル」シリーズは正直楽しくない。
会話が冗長であること、展開がラフで、とにかく尖ってたら良い的な作品は味わいは深くないのだ。いわゆる流行に左右される作品で、後年になって「何だこれは…」という恥ずかしさすら漂う結果になる。映画と相性が悪いと思うのですよ、このアプローチは。

「キル・ビル」はvol1とvol2でひとつの作品。前半ではブライドが復活して武器を得て復讐を半分やるまで。130分超え。ながいって。

あわせて読みたい