ボーダーライン

ボーダーライン

「ボーダーライン」を観た。

Sicario

出演はエミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン。監督はドゥニ・ヴィルヌーヴで、この人は「灼熱の魂」「プリズナーズ」「複製された男」と優れた作品を連発している。

メキシコの麻薬カルテル撲滅作戦といった作品だ。硬派であった。不気味な監禁家屋と爆発事故から始まり、途中の国境検問での銃撃、終盤の攻防まで何というか見せ場をふんだんに用意していた。最初はエミリー・ブラントの主役作かと思えて、いやいや「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントがよくぞここまで…というような、硬派社会派の作品なのである。ただ後半はどうみてもベニチオ・デル・トロ主役という扱いで、どうも続編も企画されているらしい。そうなんですか。

まあこういう作品て好みというか人を選ぶというか、テーマは日本人からすると非日常すぎた。最後のメキシコの市中でサッカーに興じる少年たちが銃声にさほど驚かないリアルという風景。
面白いかというと不謹慎かもしれないけど、わりと疲れる作品だった。

でもエミリー・ブラントは凄い勢いあるなあ。