追憶のかけら

4408534609.09.LZZZZZZZ.jpg

貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。

最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。
途中のボリュームのある手記がすごい面白い。

この人は、これを34歳で書き上げたのか・・・すごいね。

amazonのレビューに、夏目漱石の「こころ」のような展開だというのがあったが、まさにその通りだと思った。なるほどな。

また、俺の好きな松本清張「ガラスの城」のような構成が盛り込まれていて・・・
いやたいしたもんだ。

しかし、終盤はちょっと雑で、それはどういうことかっていうと、東野圭吾の「白夜行」のときもそうだが残りページが少ないのに話が終わらなそうで「どういう風に終わらせる気だろう」と気を揉ませた感じが、あまりいい結果を残さなかったというような・・・わかりにくいか。東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」のように、ばしっと決めてくれて終わってくれれば良かったのだが・・・

でも、良い作品でした。この人の「慟哭」は代表作と言われているようだが、俺はどこが面白いのかよくわからなかった。
だから再評価となったのでした。

いや、しかし結構最近本を読んでいるな。

 

追憶のかけら 追憶のかけら
貫井 徳郎

被害者は誰? 影踏み 空白の叫び 上 空白の叫び 下 真相
by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です