鑑定士と顔のない依頼人

鑑定士と顔のない依頼人

「鑑定士と顔のない依頼人」を観た。

La migliore offerta

原題は「La migliore offerta」、英題は「The Best Offer」である。ジュゼッペ・トルナトーレの脚本監督、音楽はエンニオ・モリコーネ、出演はジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス、ドナルド・サザーランド、そしてヒロインがSylvia Hoeksという人。
わりと手堅い印象である。作品自体も実に手堅いものだった。なかなか面白かった。

鑑定士でオークションのマスターもやるジェフリー・ラッシュが、とある邸宅の美術品の鑑定を頼まれる。しかし依頼人にはいっさい会えないまま仕事が進むので不審に思っていた。ある日、誰もいないはずの邸宅にて視線を感じて…という話。実際にはその後いろんな展開がある。あまり書くとネタバレになるのでやめておく。

謎のヒロインの存在と、あと脇役たちとの交流が手堅い演出で描かれている。はっきり言いますと、最後のほうの展開は最初で予想されました。自慢でもなんでもなくて、だいたいそういう展開が待ち受けていることは想像できる序盤だったと思います。

それだけに唐突な印象もなく、最後はあまりに悲惨だなあという終わり方。でも老人に悔いはないのだろう。面白かった。
ヒロインのSylvia Hoeksにもっと魅力があってもよかったなあと思います。そうでないと老人は狂わないでしょう。

 
鑑定士と顔のない依頼人 [DVD]

鑑定士と顔のない依頼人 [DVD]
はじまりは5つ星ホテルから [DVD] 大統領の執事の涙 [DVD] グランド・ブダペスト・ホテル [DVD] チョコレートドーナツ [DVD] アメリカン・ハッスル コレクターズ・エディション [DVD]
by G-Tools