ローマでアモーレ

ローマでアモーレ

「ローマでアモーレ」を観た。

To Rome with Love

ウディ・アレン監督作。毎年おしよせるウディ・アレン作品だ。ここのところバルセロナだロンドンだパリだとご当地グルメ的に巡業して広く浅くファン獲得作戦という感じで、今回はローマである。そのうち東京にくるのかもしれない。

いくつかの話が並行して走るスタイル。正直なところローマであろうとなかろうと関係ない話ばっかりだが、どれもこれもそこそこ面白いから不思議だ。だが、後から思い返すとどのパートがどの話(ローマなのかロンドンなのか)か、わからなくなると思える。

ウディ・アレンが執着するカンツォーネ歌いがシャワー浴びながら公演する意味不明な話と、ペネロペ・クルスが年齢を気にせずコールガール役をやって天真爛漫な話と、ロベルト・ベニーニが突然有名人になって追いかけられる話と、ジェシー・アイゼンバーグとエレン・ペイジのいけない関係の話と、4つの話を交代でやる構成。
シャワー浴びながらの公演とロベルト・ベニーニが良かった。
ロベルト・ベニーニは何年かぶりの久しぶりの映画出演なのである。ほんと「ライフ・イズ・ビューティフル」以降どうしちゃったんだろう。どんどん出演や監督をやってもらいたいものだ。ウディ・アレンの毎年やってる量産映画に出ている場合ではないのである。

 
ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]
ロベルト・ベニーニ

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]
ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD] ショーシャンクの空に [DVD] シンドラーのリスト スペシャル・エディション [DVD] I am Sam アイ・アム・サム [DVD] フォレスト・ガンプ [DVD]
by G-Tools