Metroid Other M をクリア

metroid_other_m1

買ったあとのファーストインプレッションでもブツブツ言っていた、メトロイド最新作ですが、とりあえずクリアしました。あとアイテム獲得も100%にした。短時間クリアとかしてない。ハードモードもしてない。つまり2周目はやってないということ。

 

 
思いのほか戦闘が厳しいところがあって、そこで足止めをくらって(でもコンティニューは直前のところに設定されている親切設計)、死んで覚えるタイプ。覚えるというかなあ…何度もやってれば勝てたり、なんで勝ったのかよくわからないときもあったり。謎解きで苦しんだりはしない。アイテムを見つけるのもそんなにしんどくない。広大な世界を味わうというのでもなく、戦闘のたびに引っかかる感じ。全体的に戦闘だな…

戦闘では回避行動が効く。というか回避行動をちゃんとできないと難しいと思う。
そこさえ抑えていれば、だらーっと最後まで進んでいく。で、最後はスタッフロールがあっておしまいかと思いきや、終わらずに最後の戦闘とか。

メトロイドの面白さというのは、少しずつ装備をアップグレードして行動範囲が広がり、また隠しアイテムもそれで見つかって、通常のマップで表示されないようなところにも行ける、というのがベースであると思う。そのベースの上に、アップグレードされる装備の新味があると思う。ゼルダで言えば定番アイテムのほかに、新しいアイテムが出てきたり。スーパーメトロイドのときに、その新要素がかなり出て、それゆえに完成度はかなりのものだった。そのあとのGBA版メトロイドとかプライムとか、そういう新要素ってそんなにあったかなあ…

今回のOther Mでは、ムービーシーンのグラフィックにはかなり驚かされた。こんなに綺麗なのかと。しかし、プレイ中のグラフィックは、そんなに珍しくないし(XBLAとかでUnreal Engine使ったカジュアルゲームでも同じくらいだと思う)、あとビジュアルから来る世界観というのも厳しいと思った。プライムのほうがまだ良かった。

おそらく今回はテンポのよい戦闘とかが重視されたのではないか。でもその戦闘が楽しくなかった。単純に強いとか堅いとかの歯ごたえくらいで、回避行動でどうにかなるときがほとんど。ダメージが半端ないときにストレスがたまる。なんで回復アイテム出ないんだ?

それと吹き替えとか台詞とかが、もう痛くて…ホントに日本のユーザはこういうのを求めてると思ってるんだろうかね。
あと最大のストレスは、強制的なアドベンチャーモードみたいなやつだった。どこか怪しいところを見つけないといけないんだけど、それが見つかるまでは主観でストップしてしまう。もうこれがひどくて、Bボタンをポチポチ押しながら「これは無駄以外の何者でもないな…」と思った。

色々酷評だが、正直に言ってメトロイド最新作は期待したほどではなかった。期待しすぎたのか?トゥームレイダーシリーズは期待してないから、そこそこ満足したりする。