スパイラル 危険な関係

スパイラル 危険な関係

「スパイラル 危険な関係」を観た。

The Details

サスペンスとブラックコメディの間くらいの作品。日常崩壊型である。ささいなこと(たいていの場合は、それが「嘘」だ)が積み重なって、結局は取り返しのつかないことに陥るタイプ。この型の映画は数多くあるが、いかにジワジワくるかがポイントであると思う。それしか選択肢ないのかよと突っ込みたくなるようなものではダメだ。悪手とわかっていてやらないといけない、みたいなのが良い。

トビー・マグワイア、エリザベス・バンクス、ローラ・リニー、Dennis Haysbert、レイ・リオッタ。
曲者キャストが揃っている。

トビー・マグワイアは産婦人科医師であったが妻のエリザベス・バンクスとの生活は順調そうに見えてそれなりにストレスたまっている。芝生をアライグマに荒らされて辟易し、無許可で規制外のリフォームしようとしたら隣人のローラ・リニーに突っ込まれる。レイ・リオッタの妻と不倫してしまい、こっぴどく怒られる。ローラ・リニーとも寝てしまって妊娠したと言われる。Dennis Haysbertに腎臓を提供したが、その見返り的にローラ・リニー殺害をほのめかし…といった話。

最初のトビー・マグワイアがステータス的にかなり安全圏におり、いかに堕ちるかというところだが、そこにローラ・リニーの変わったキャラクターやDennis Haysbertの交流を絡めないといけない点はやや不自然に感じた。レイ・リオッタも。
トビー・マグワイアは人のいい顔をしていて、彼のまわりにいる人たちが「何かやらかす」雰囲気を出し過ぎなのである。もっと微妙なわびさびを効かせるべきで、このへん勢いつけすぎた感はあった。

アライグマとの格闘のあたりでは、何だろうこの映画と思えたが、中盤からローラ・リニーの何とも言えない焦燥感が映画に緊張感をもたらしましたね。ローラ・リニーとかジュリアン・ムーアの得意分野ですね。

 
トビー・マグワイア スパイラル ~危険な関係~ [DVD]

トビー・マグワイア スパイラル ~危険な関係~ [DVD]

by G-Tools