スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学

スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学

「スタバではグランデを買え! 価格と生活の経済学」を読んだ。

身近なテーマで、経済をやさしく教えてくれる。
面白かった。

文章が平易でよい。さらさら読める。
素人にはもってこいの入門書か?

取引コスト、価格差別、資産格差、比較優位、などがキーワードか。
それを身近なテーマで取り上げる。
・なぜペットボトルのお茶が、スーパーや自販機やコンビニで違う値段で売られていてしかも売れるのか
・薄型テレビがどんどん値下げされてくるのはなぜか
・DVDソフトがどんどん値下げされてくるのはなぜか
・スターバックスでどのサイズを注文するべきか
・100円ショップはなぜ100円で売れるのか
・子供の医療費の無料化を喜んでいいのか
などなど。

個人的には、
・デジカメは国内販売数が横ばいなのに対して輸出は急激に伸びていて10台のうち9台が輸出してる計算
・ダイソーは人件費カットのためほとんどの仕事をアルバイトが行うが、棚卸時に1%ロスが出たら解雇できる雇用契約を結んでる
・ベトナムは産油国だがガソリンはすべて輸入してる
などが興味深かった。