若草物語

若草物語

「若草物語」を観た。

初めて観た。原作は知らない。
これといって毒のない、ゆるい世界観。成長する箱庭というか。

キャストがえらく豪華なのだ。(結果として豪華になったということか。このときはそんなに有名じゃなかったんでしょうかね)
ウィノナ・ライダーとクレア・デーンズとキルスティン・ダンストが姉妹。スーザン・サランドンとかガブリエル・バーンとか、あとクリスチャン・ベールやエリック・ストルツが出てるんか。

 
うーん、有名な原作だとは思うんだけど、物語にそんなに魅力はなかったかなあ。
映画自体も、文学の立体化だけで、それ以上になってないと思った。

 
クリスチャン・ベールをふっといて終盤で出てきたガブリエル・バーンがかっさらっていったのは何だったんだ。

ウィノナ・ライダーって表情筋が変な感じが…左右のパーツがバラバラに動いてる気がする。
ああ、これでアカデミー主演女優賞ノミネートされたんすか。そこまでかなあ。