早熟のアイオワ

早熟のアイオワ

「早熟のアイオワ」を観た。

The Poker House

日本でのDVDリリースは最近だが、実際には2008年作品だ。当時17歳のジェニファー・ローレンス主演、当時10歳のクロエ・グレース・モレッツが共演ということで過去掘り返しの作品なのである。

ジェニファー・ローレンスとSophi Bairleyとクロエ・グレース・モレッツは3姉妹で、母親はSelma Blair(「ダークホース リア獣エイブの恋」)で売春をしている。家には不法な男たちがあれこれやってきて、そんなところで勉強するジェニファー・ローレンスは健気とか可哀そうとか通り越して悲惨すぎる日常だ。

ジェニファー・ローレンスにはつくづく底辺が似合うということで、もうこれは宿命みたいなものだろう。決して華やかな社交界のレディや冒険家は似合わないわけだ。やっぱり寒々とした田舎道を弟妹と手を繋いで歩いてこそである。

この作品、とにかく昔の発掘というコンセプトで終わってるようなもので、作品自体は少し退屈だ。もちろん出演者たちの明日を掴むぜのエネルギーは感じましたが、全体的に暗くて眠くなる作品だったことは否めない。

監督は「ER」にも出ていたLori Pettyだ。あの妊婦役の人か。

まあ、これを観るくらいなら「ウィンターズ・ボーン」か「あの日、欲望の大地で」がいいでしょうね、絶対。

 
あの日、欲望の大地で [DVD]

あの日、欲望の大地で [DVD]
ウィンターズ・ボーン スペシャル・プライス [DVD] 2 days トゥー・デイズ [DVD] 早熟のアイオワ DVD ヤング≒アダルト [DVD] 世界にひとつのプレイブック DVDコレクターズ・エディション(2枚組)
by G-Tools