ザ・イースト

ザ・イースト

「ザ・イースト」を観た。

The East

エレン・ペイジは主演ではない。主演はブリット・マーリングという女性で、この人は「アナザー・プラネット」で制作・脚本・主演をこなしている。本作でも同様に制作・脚本・主演なのだ。

ほかの共演は「メランコリア」のAlexander Skarsgård、「カイロ・タイム 異邦人」のパトリシア・クラークソン。あと、えっ!?ていうくらい脇役でジュリア・オーモンドが出てきてびっくり。

ブリット・マーリングは元FBIで、今は企業コンサル的なところの会社に勤めている。この会社はクライアント企業を守るために色々なことをやる。今回はある企業に強烈な攻撃を仕掛けている環境保護団体みたいなのを徹底調査するために潜入する。
標的にされている企業は環境汚染を知っててやってるし、環境保護団体みたいなのも頭でっかちで多少のテロ行為があるくらいで世を変えていけると思えない。
主人公も観客もそれを感じて、なんだかなあという気分にさせられる。それでも主人公は団体のリーダーに惹かれていくのだが…という話だ。

やや醒めた視点を持ちつつも、何か社会的に訴えるというものでもなかった
正直なところ、観ながら「これ実名の企業を暴露してる『インサイダー』みたいな作品だったら、一皮むけたろうなあ」と思った。

まあまあ面白かったと思いますが、ブリット・マーリングにはもっと頑張っていただきたいものである。「アナザー・プラネット」と比べれば、圧倒的に「アナザー・プラネット」だと思いました。

あとエレン・ペイジは何だったんでしょう。見た目が子供すぎて展開しにくいのだろうか…

 
アナザー プラネット [DVD]

アナザー プラネット [DVD]
ダークシティ [DVD] クラウド アトラス [DVD] 【Amazon.co.jp限定】 ノア 約束の舟 ブルーレイ+DVDセット (Amazon.co.jp限定ブルーレイ特典ディスク付き)(3枚組) [Blu-ray] クロニクル [DVD] アフター・アース [DVD]
by G-Tools