7月24日通り

7月24日通り

吉田修一「7月24日通り」を読んだ。

さらっと読める中編。
ガール・ミーツ・ボーイ・ミーツ・ガールみたいな感じで、まあ錯綜するラブ・ストーリーだろう言ってみれば。

確かに言ってみればそんな話で、ともすれば凡庸なんだけれども吉田修一ってほんとに文章が良いので作品がぐぐっと持ち上げられるのである。

筆力とも言うが、これがこの作者は顕著だと思う。
(吉田修一ので文章が面白くないのって、そんなに無いんじゃないかと思う)

だからこの「7月24日通り」も、内容としてはわりとテレビドラマみたいなんだけど、そうはならない。
ということで、読んでて面白かった。
(最後のほうで、目次に書いてあることが絡んでくるのは愛嬌だと思った)
 
それにしても、さらっと読める。
もうちょい読み応えのあるのが欲しい。