ゴシカ

pimg.jpg

「ゴシカ」を観た。

まあ面白くはない映画だった。最近、新作で面白いのはあまりない。
いいなあと思ったのは、「フォーン・ブース」くらいですか。

「ゴシカ」は、ハル・ベリー主演で、ほかのキャストといえばペネロペ・クルス、チャールズ・S・ダットン、ロバート・ダウニーJrとなかなかのものだ。

でも駄目だった。
ロバート・ゼメキス制作つうことで、今まで観たことのない、初めて観るような映像もあるにはあった。

エッチなシーンのひとつくらいあってもよさそうなキャストだけどなかった。

チャールズ・S・ダットンは、「ニック・オブ・タイム」で靴磨きをやってた人。エイリアン3にも出てた。
フォレスト・ウィテカーみたく、黒人のしぶい役どころをやる位置にいる。時々見るな。

ロバート・ダウニーJrも色々と出るなあ。あらこんなところにも、という感じで。
ちなみに、この人は麻薬所持かなんかで服役したことがあるけども、その服役中にいったん許可を取って外に出て、撮影に参加したのが「追跡者」だったか。

それだけ演技力にハリウッドから信頼があるんでしょうか。

どうなんだろう。

まあハル・ベリーは若い。とても40前には見えない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です