ホワイトハウス・ダウン

ホワイトハウス・ダウン

「ホワイトハウス・ダウン」を観た。

White House Down

前に観たことある。今回は子供と観た。
ローランド・エメリッヒ監督による、ホワイトハウスを舞台にした対テロアクション映画だ。主演はチャニング・テイタムで、共演にジェイミー・フォックスが大統領役。あとマギー・ギレンホール、リチャード・ジェンキンス、ジェームズ・ウッズなど。

ホワイトハウスを舞台にしたアクション映画で、思いっきり「エンド・オブ・ホワイトハウス」と重なる。「ホワイトハウス・ダウン」が2013年6月アメリカ公開。「エンド・オブ・ホワイトハウス」は2013年3月アメリカ公開なのだ。えらくニアミスしてる。なんかプロパガンダ臭すら感じる。

まあ「エンド・オブ・ホワイトハウス」のほうが荒唐無稽な感じで振り切った面白さはあったかと思う。本作は全体的にどうにもスタジオ撮影っぽい感じが続くし、ジェームズ・ウッズが悪人なんだが本当の悪は出来ないってところに設定の日和見があるように感じた。

面白いことは面白い。ジェイミー・フォックスが戦力になる工夫があったらもっと面白かったかも。