スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ

「スティーブ・ジョブズ」を観た。

Steve Jobs

以前、アシュトン・カッチャーがジョブズを演じた映画とは別。アーロン・ソーキン脚本、ダニー・ボイル監督である。主演でジョブズを演じるのはマイケル・ファスベンダー。共演にケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ。他に乗りに乗ってるマイケル・スタールバーグ、「インヒアレント・ヴァイス」のキャサリン・ウォーターストン、そしてサラ・スヌークも。

1984年のMacintosh発表の舞台裏、1988年のNeXT発表の舞台裏、1998年のiMac発表の舞台裏を描く。
アシュトン・カッチャー版とはえらく異なる方向性で、本作のほうが映画的だ。好みの問題でいけばこちらがダントツだろう。ジョブズの暴君ぷりが容赦なく描かれて周りを疲弊させて家庭もめちゃくちゃで、それでも自分の追い求めるクリエイティブに猪突猛進だったジョブズが実に破滅的だ。

これを観て「ジョブズも大変だったんだなあ」とはならないだろう。周りのスタッフは大変だったんだなあとは思うが、むしろ自分のスピード感に周りがついてきてくれず辛かったのだろうという、英雄の孤独っぷりを描くが、そこにじゃあ同情できるかというと微妙だ。
実際に不幸になった人はいるだろうしね。

それぞれの時代の舞台裏は実にスリリングで、時間のない制約のなかで何とかしろー何ともならないーといったせめぎあい。
スピード感もよく、面白い内容だった。

ケイト・ウィンスレットが実に良い。達者なんだね。セス・ローゲンはもはやコメディアンの領域を超えているな。マイケル・ファスベンダーは最初はどこがジョブズなんだろうと思ったが終盤になると似てきてたから不思議だ。

そしてマイケル・スタールバーグ来てますねえ。旬だなあ。出演作続々ですね。
あとサラ・スヌークは「ジェサベル」「プリデスティネーション」の後なのに、なんでこんな脇役なんだろう。

面白かった。

あわせて読みたい