アンブレイカブル

今日の練習場所は弥生。バイトが終わったあと向かうわけだが最近は自転車で行くようにしている。最近といっても鋼鉄の練習が始まってから概ねそうだ。

理由はいくつかある。交通費を節約するのもあるが少しでも体力を維持しようと思うのだ。そういう「体力が落ちた」危険を感じるのはあって、特にここ一年がひどい。免疫というか抵抗力というか、そういうのも落ちてる。

もともと頑健ではないので、こういうのは実は脅威である。実際、体を動かしてバイトをして芝居の練習もやってたころからデスクワークのバイトで芝居の練習もしない状態に移ると自分でもはっきりわかるほどガクッと体力は落ちる。

ここ一年の、つうか数年の状態を取り戻すように自転車をこぐのだ。無駄かもしれないが。

とにかく練習は中野近辺なのでまずは目白駅前の目白通りは重要なポイントだ。更に言えばその東での目白通りと明治通りが交わる場所は重要だ。この交わる場所をAとする。

今、こうやって書いていてわかり易く書く自信が無いが、大塚からこの場所Aへのアプローチが悩みどころなのだ。大きくわけて二通りある。

大塚から西へ。池袋から明治通りに入る。そして場所Aへ。または大塚から南へ。新大塚から不忍通りを経て目白通りに入り、そして場所Aへ。

いつも後者のルートを取っていた。しかし納得ができないところもある。「遠回りをさせられている」というところだ。真っ直ぐならずばり南西の方角なのだ。しかし西に行ってから南、とか南に行ってから西、とか理不尽なのである。

そんなわけで今日はそこに挑むことにした。練習は18時に始まるのに16時に家を出るという周到さである。「ともかく南西方向に無理矢理進む」方針で、サンシャイン東の郵便局からガシガシ進む。あっという間に迷う。この地帯は寺と住宅が密集してるところで予想してるよりも随分早く迷った。一応保険として「都電荒川線に沿って進めば場所Aには行ける」というのがあったので何とかなった。しかし敗北感。悔しくて目白通り沿いの本屋で地図を買う。1,200円。馬鹿か。結局いつものルートなら30分で来れるのに1時間かかる。

練習中、地図を見て帰りのルートを考える。机上の空論では完璧になった。しかしここでまた別の考えが浮かぶ。そもそも、何故、目白通りを西に進み、山手通りを南下してここへ来るのであろうか。ここでも直接南西に進むルートがあるのではないのだろうか。

予定を修正する。帰りはこの弥生の練習場から北東に進む形で場所Aに到達し、さらに北東に進み大塚へ帰るのだ。絶対に帰ってやるのだ。

帰り、山手通りを少し北上すると大久保通りでいきなり東に。そして小滝橋通りで北へ。そこから早稲田通りに入り、しかし高田馬場を通るのが嫌だったので SEIYUの脇から北へ。神田川を渡る形で新目白通りに入る。そこから明治通りを北へ。

ここまでは完璧である。もう少し考えればもっと詰められるだろうが今日としては上出来である。ここで右側にローソンがあり、さらに歩道橋があり・・・

ない。ローソンがない。地図上ではあるはずなのだが無い。歩道橋の向きも逆だ。なんだなんだ。
ここで「勘弁してくれ」という気持ちになる。とにかく帰って眠りたいのだ。見上げると工事中のビル。「これはローソンに違いない。改装中に違いない」そう無理矢理に思い込むと、そばの道に入る。そして頭の中のルートのまま進む。すると不忍通りに出てしまった。サンシャインに出るんじゃなかったのか!一瞬「ここはどこだ」と思ったがいつも通ってるところである。「あー無意味に東に進んだー!」と後悔した。

またしても敗北となった。今、再び地図を眺めてみるとすべての原因はローソンの場所だった。俺は場所Aから近いところにローソンがあるのだと思い込んでいたのだが、実際はもう少し北だった。そこからサンシャインあたりに出られるはずだったのだ。何ということだ。

明日こそ成功させてやると誓いつつこれを書いている。つうか寝ろ俺。

どうでもいいが、何でADSL繋がっているんだろうねえ。不思議だ。

アンブレイカブル

「アンブレイカブル」を観る。最低だった。「風来のシレンGB2」は壷ダンジョンクリア。次は最後か。