マネー・ショート 華麗なる大逆転

マネー・ショート 華麗なる大逆転

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を観た。

The Big Short

まったく前情報なしで観た。アカデミー作品賞にノミネートされた、というくらいしか知らない。
で、ああこれはサブプライムローンの話ですかと思った。そうかサブプライムローンを読みきって、逆張りして大儲けした人がいたのか…と。知らなかった。しかし夢見の悪そうな大儲けですね。

マージン・コール」ではリーマン・ショック前夜という物語だった。あれも夢見悪そうだが脚本賞ノミネート。本作も作品賞や脚色賞にノミネートだ。なんだリーマン・ショックの話って鉄板なんだろうか。

出演者は多彩だ。クリスチャン・ベール、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット、マリサ・トメイ、メリッサ・レオ。あとマーゴット・ロビーやセレーナ・ゴメスが本人役で登場してサブプライムの薀蓄を語り出す。監督はなんと「俺たちニュースキャスター」のアダム・マッケイなのである。どういう大抜擢。ブラッド・ピットは製作も兼ねる。

まあ何だろうなあ。このサブプライムローン問題で山のように不幸になった人々がいることを想像するに、この映画を平常心でみられない人もたくさんいるに違いない。映画のなかでは破綻が起こることを予期して逆に賭ける男たちの話が描かれ、展開としてはまるで早く破綻が起きろといわんばかりの焦らし方なのである。映画のゴールで彼らは勝ったが、いったい何に対してという終わり方。

スティーヴ・カレルの安定感のある非コメディの感じ。あとメリッサ・レオの憎たらしいくらいの演技。面白かったといえば面白いが、面白いといっていいのかという作品でした。

2015年(第88回)アカデミー賞
作品賞ノミネート
助演男優賞ノミネート(クリスチャン・ベール)
監督賞ノミネート(アダム・マッケイ)
脚色賞受賞