裏切り者

裏切り者

「裏切り者」を観た。

The Yards

マーク・ウォールバーグ、ホアキン・フェニックス、シャーリーズ・セロン、そしてジェームズ・カーン、エレン・バースティン、フェイ・ダナウェイなど。
2000年の作品なのである。なんか不思議な組み合わせだなあと思ったら、この監督脚本のジェームズ・グレイという人の作品で、2007年に「アンダーカヴァー」があるのです。これでもマーク・ウォールバーグとホアキン・フェニックスが共演。常連なのかねと思ったら、その後の「トゥー・ラバーズ」「エヴァの告白」でもホアキン・フェニックスが出ているのか。

マーク・ウォールバーグが刑務所から出所してきて、今度はまともに働こうと思って、親戚のジェームズ・カーンを頼って、でも悪友のホアキン・フェニックスとつるんでるうちにライバル会社の妨害行為に巻き込まれて逃亡の身となり、自分を裏切ったやつらに復讐をする話。

やや、こねくり回し系の作品である。無理やり悲劇をつくりだそうとしている感じすらある。
マーク・ウォールバーグはシャーリーズ・セロンに惹かれてしまってどうしようというエピソードや、ホアキン・フェニックスの不安定な感じとか、出演者のアンサンブルはわりと綺麗だ。でも話がわりと普通っていうか、そこまで劇的なアイデアに溢れてる感じはないのだね。なんか普通なのだ。クオリティはそれなりに高いと思うんだけど。

あわせて読みたい