君の望む死に方

君の望む死に方

石持浅海「君の望む死に方」を読んだ。

登場人物から構成、装丁まで「扉は閉ざされたまま」のシリーズ本。
なかなか面白かったとは思う。どう終わらせるのか気になったけど、まあそういうもんかという終わり方だった。

 
殺す側と、殺される側と、探偵役。が、それぞれの立場をしっかりこなす。
まあ探偵役が登場するのは予想外だったので、話がこじれていく。

 
石持浅海クオリティなのである。
どれを読んでもそうだ。

 
・超善人がかなり多人数登場する
・試行錯誤などの思考を文章に精緻にトレース
・トリックと謎解きが非常に理系

こういう感じかなあ。
そいで、あんまりキャラが立ってないと。

これでキャラが立ってたらなあ。