ミート・ザ・ペアレンツ3

「ミート・ザ・ペアレンツ3」を観た。

まあ、いわゆる続編である。1も観たし、2も観てます
どちらの感想も、だいたいは達者でそれなりに及第点だが、ロバート・デ・ニーロが邪魔してるという、ファンとしては苦しい心境。
この3では、全体として面白くなく、それはロバート・デ・ニーロのせいというよりは脚本と演出かなあという感じ。

今回はさらにローラ・ダーンとかジェシカ・アルバとかハーベイ・カイテルとかが出てきて、グダグダになる。
どいつもこいつも単発で絡んできてギャグがそこそこ滑りまくってる。

豪華なキャストの割にはスカスカなんだ。アンサンブルも糞もなくて、ただ順番にやらされ感で、どうしようもなかった。
面白くなかったな。ジェシカ・アルバが痛すぎだ…

大丈夫なのかと思った。こんなの作ってしまって。