ディーパンの闘い

ディーパンの闘い

「ディーパンの闘い」を観た。

Dheepan

パルム・ドール受賞作品。まあ何というか…人種とか紛争とか内戦とかごった煮にして底辺で味付けしたような作品。力作。でもしんどい。
ディーパンというのは物語の主人公の名前である。スリランカ内戦を逃れフランスへ渡るためにその場で出会ったディーパンと女と娘はお互い見ず知らずだが偽装家族となる。フランスへ行き、とあるアパートの住み込み管理人の職を得たディーパン。しかしそのアパートはかなり底辺で治安がめちゃくちゃ悪く、しかしディーパンは元兵士なので戦闘能力が開花し…とかそんな感じ。

別にジェイソン・ボーンみたいにマーシャル・アーツばりばりということもない。追い詰められたときに滲み出る生存本能が凄いというかね…いったい何のためにこんな作品にしたかったのか真意はわかりませんが、迫力はとてもありました。

ディーパンの偽装家族…といっても、娘はともかく妻が非協力的で、この家族大丈夫かという物語や、それでも働き出す妻の物語とか、全体的に緊張感が続く。なんでこう市営住宅っぽいアパートは治安が悪そうなんだろう。たびたびこういうアパートって映画に出てきますね。

内戦から逃れても、決して安住はなく死と隣合わせ。もうあの娘だけは幸せになってもらいたいものだと、願いながら観ました。ディーパン役の男の人は、元は兵士で今は作家で、演技は初めてなんですか。映画って凄いもんだ。

あわせて読みたい